空を飛ぶ夢の、心理学による一般的な解釈

空を飛ぶ夢を見たときは、
まずはこのページを参考にすることをお勧め致します。

お問合せよくあるご質問サイトマップ
はじめにご依頼お客さまの夢夢と心理学夢と昔話の分析夢とタイプお勧めの本無料夢診断お客さまの夢
よくある夢の解釈

■ 空を飛ぶ夢

空を飛ぶ

■ 空を飛ぶ夢を解釈するために、参考になる世界のもの
・ ギリシャ神話「イカロス」
・ イギリスの戯曲「ピーターパン」など…

解釈1)
空を飛ぶ夢は、現実的なしがらみからの開放をあらわす

多くの場合、空を飛ぶ夢は、現実的なしがらみからの開放や、現在の精神生活に満足していないために、新しい計画を立てて、あきあきした現実のしがらみから飛び出したいという気持ちがモチーフ(その夢を生み出した動機)となっている場合があります。
また、このことはその夢を見た人を心理的に押え付けるような、抑うつや自己疑惑に対処するための解放感であると考えることもできるでしょう。

解釈2)
独立心のため学習し、眠っている能力を発揮させようとしていることをあらわす

上の解釈1)がもう少し具体的な理由を持っている場合、独立心や潜在能力の開花といった要素が関係してくる場合があります。
つまり、「社会的な一般常識や既成のルールの下で生活をしていかなければならない」といった感覚が前提にあるとき、過酷であったり退屈であったりする現在の生活から抜け出し、その現状から抜け出すためには、多くの努力が必要であり、様々な事柄を学習しなければならない場合が大半です。
それは、自由への憧れであり、自分の実力を押し上げたいというポジティブな気持ちとも言えます。
空を飛ぶ夢は、そのような多くの人の中の社会的な抑制から飛び出し、独立しようという気持ちがあらわさてれいる場合があります。
多くのことを学び、潜在的な能力を高めて、独立のため自由になろうという心の奥底の気持ちが、空を飛ぶ夢に関係している場合があります。

解釈3)
元型的な働き、"永遠の少年"が活性化されたことをあらわす

空を自由に飛び、永遠に大人にならないピーターパンによって描かれているように、空を飛ぶ夢は、普遍的無意識による元型的な心の働き、「永遠の少年」が活性化されていることを意味し、空を飛ぶことによって、自由や万能感を求めている気持ちが表現されている場合があります。

「どんなときに見るの?」

A)空を飛ぶ夢は、なにかの目標を実現するために、新しい計画を立てているときなどに見ることが多いようです。
空を飛ぶ夢を見たときは、日常生活がマンネリ気味になっていないか自問自答してみてください。
わたし達の無意識には、日常生活で偏ってしまった意識の状態を補う働きがあるので、空を飛ぶ夢は、日常生活が毎日同じことの繰り返しで疲れているときや現実的なしがらみにウンザリしているときに見ることが多く、夢の中で飛ぶことで、そんな意識の状態を開放している場合が多くあります。

「だんだん飛べなくなる夢は?」

A) いままで飛んでいたのに、少しずつ飛べなくなってしまったという夢は、非現実的な目標やしがらみからの開放から、だんだん地に足がついてきて現実的になっていくプロセスをあらわすことが多くあります。