心理学用語辞典「主体水準subjective_level」

聞きなれない言葉や、意味合いがはっきりとは分からない用語は、
このページを参照して下さい。主体水準とは?

お問合せよくあるご質問サイトマップ
HOME夢と心理学辞典 > 主体水準
はじめにご依頼お客さまの夢夢と心理学夢と昔話夢とタイプお勧めの本無料夢診断お客さまの声
 

■ 主体水準

夢を分析するとき夢にでてきたものを「それは、それそのものをあらわしている」と解釈するのではなく、それは夢を見た人のなかにある、なんらかの要素が具象化されるような特性をもっているとして解釈をすること。
夢を分析するさいには、主体水準か客体水準か、その両方の要素があるのかを考えなければなりませんが、多くの場合は主体水準で解釈していきます。